相続登記、遺言書作成、相続放棄

  図8.png
月曜から金曜日 9時~18時まで
事務所にて無料相談実施中
詳細はこちらをクリック
    講演
fudousan0001.png

相続手続きをお考えの方生前/相続対策をお考えの方

相続 遺言
相続が発生したら
法定相続とは
相続人と相続財産の確定
相続手続きの必要書類
遺言の種類
遺言書の書き方
公正証書遺言
遺言書の保管と執行
遺言信託
遺産分割 生前贈与
遺産分割協議の進め方
遺産分割協議書の書き方
遺産分割協議の注意点
遺産分割の調停と審判
暦年贈与と連年贈与
相続時精算課税
住宅取得資金の特例
夫婦間の贈与
負担付死因贈与契約
相続手続き・相続登記 後見
不動産の名義変更・登記
生命保険の受け取り
銀行口座の名義変更
株券の名義変更
遺族年金の受給
成年後見の申し立て
任意後見契約
後見人の選び方
相続放棄 事業承継
相続放棄
限定承認と単純承認
3ヵ月後の相続放棄
保証債務があったら
事業承継の全体像
相続税対策
種類株の活用
経営承継円滑化法
特殊な相続の場合 その他の生前対策
相続税のしくみ
相続税の課税対象財産
相続税評価額の算出
相続税早見表
保険の見直し
マイホームの取得について
教育資金
退職後の生活設計
相続 遺言
遺留分・寄与分
代襲・数次相続
財産管理人
複雑な不動産問題
財産管理委任契約
死後事務委任契約

 

他士業との違い

司法書士の業務内容は、司法書士法第3条に以下のように規定されています。
 
1.不動産・商業登記等,登記に関する手続及びその審査請求について代理
2.供託に関する手続及びその審査請求について代理
3.裁判所に提出する訴状・答弁書や,検察庁に提出する告訴・告発状等の書類作成
4.法務局又は地方法務局に提出する書類作成
5.上記1から4までの事務について相談に応じること
 
司法書士を一言で表すと、「登記手続のスペシャリスト」です。
 
建物や土地を売買する際に必要な不動産登記など司法書士が登記所に手続きすることで初めて法的に認められます。司法書士に依頼し、登記手続きを行わなければ、いつまでも自分の所有物にならないということです。
 
また、他には会社設立時に必要不可欠な商業登記や裁判事務の業務などもあります。裁判事務においては訴状など必要書類の作成はもちろん、依頼者に対する助言・指導など法律的観点から的確なアドバイスなども行います。
 
司法書士と行政書士の違いでいえば、裁判所、法務局、検察庁等法務的な官庁に書類を作成するのが司法書士で、県庁、官庁や、市役所、国の機関等に提出する書類を作成する業務は行政書士となります。 
 
司法書士と弁護士の大きな違いは、弁護士は全ての民事・刑事事件を扱うことができるのに対し、司法書士は、金額が140万円を下回る民事事件しか扱うことができないという部分です。
 
司法書士は町の法律家として、皆様にとって身近な存在でいられるように活動しています。まずは、お気軽にご相談いただければと思います。

 

当事務所の対応地域

秋田市を中心とした秋田県全域で対応可能です。


秋田、潟上、男鹿、五城目、八郎潟、大潟、由利本荘、にかほ、能代、北秋田、大館、上小阿仁、鹿角、小坂、大仙、仙北、美郷、横手、湯沢



新着情報